昇降機技術基準の解説 2016年版 付 追補版(セット販売)

 エスカレーターの脱落防止に係る告示が改正され、個別の実験によらずトラス等強度検証法によってトラス等に安全上支障となる変形が生じないことを確かめられることとする等、基準の合理化が図られました。また、非常用エレベーターに関しては、平成12年建設省告示第1413号が改正され、機械室を有しないエレベーターが一定の条件の下で適用することができるようになったほか、ホームエレベーターについて昇降行程、かごの床面積の規定が見直されました。

 更に、昇降機等において発生した事故の原因究明のために国自らが必要な調査を迅速、確実に実施できるよう、報告聴取、立入検査等の権限が創設されました。このほか、昇降機等検査員が定期検査を行う資格者として法律に位置づけられる等、定期報告制度についても改正されています。

 2016年版では、これらの法改正等に対応し、解説の内容を見直しました。建築基準法における昇降機の技術基準に関する唯一の解説書として、是非ご活用ください。

※ 「昇降機技術基準の解説 2016年版 追補版」とのセット販売になります。

一般価格(税込)
8,637円【セット販売価格】
名簿登載価格(税込)
7,773円【セット販売価格】
初版発行日
昭和52年2月15日
最新版発行日
平成28年11月25日
最新版刷発行日
令和2年6月1日(6刷)
体裁
A4
目次
第1部 昇降機技術基準の解説
第2部 確認検査、認定制度、定期検査報告
第3部 昇降機等に関する建築基準法令集
第4部 昇降機耐震設計・施工指針 2016年版
第5部 索引
編集・発行
一般財団法人 日本建築設備・昇降機センター
一般社団法人 日本エレベーター協会
編集協力
国土交通省住宅局建築指導課
修正表・正誤表
講習会Q&A

お問い合わせ

〒105-0003
東京都港区西新橋1-15-5 内幸町ケイズビル
一般財団法人 日本建築設備・昇降機センター 企画部
TEL : 03-3591-2427 /
FAX : 03-3591-2008
kikaku@beec.or.jp