1. ホーム
  2. 構造計算適合性判定

構造計算適合性判定

構造計算適合性判定

平成18年6月21日に公布された「建築物の安全性の確保を図るための建築基準法建築基準法等の一部を改正する法律」によって、高度な構造計算を要する高さ20mを超える鉄筋コンクリート造の建築物など一定規模以上の建築物については、都道府県知事又は指定構造計算適合性判定機関による構造計算適合性判定が義務付けられました。

当財団では、建築主、設計者のニーズに応えるべく、“迅速かつ的確”な判定業務の実施を目指しております。

詳細はこちら → 構造計算適合性判定

平成28年2月10日をもって、建築確認検査業務及び住宅性能評価業務を廃止いたしました。

Page Topへ

構造計算適合性判定